鉄馬ねっと:中古バイクの個人売買代行なら
★マニアックなバイクの売買はおまかせ ★バイクの個人売買サイト「ぱどっく」  ★ヤフオク出品代行 ★ヤフオク出品サポートサービス ★クルマ・バイク系フリマ情報
きょうはです。マニアックなバイクの購入や売却はネットオークションで実績多数の鉄馬ねっとをご利用下さい
  ヤフオク出品サポートサービスを開始しました 「鉄馬ねっと」ならムービーと多くの画像で売るのも買うのも安心です
業界最安!ヤフーオークションのバイク出品代行料は売れた金額の10%です


 
             「てつうまねっと」はバイクにこだわるオトナのための情報サイトです
             バイクをお探しの方や愛車を納得のいく価格で売りたい方を応援します

ほーむ 愛車を高く売る よくある質問 ぱどっく利用方法 ヤフオク出品代行 ヤフオク出品サポ お問い合わせ
 

  バイクを高く売りたい方へ(ヤフーオークションの巻)

こんにちは。「鉄馬ねっと」の管理人です。
皆さんはバイクを手放そうとするときはどうしていますか?

@バイク○○のような買い取り業者に来てもらい査定してもらって引き渡す。
A友人知人や近くのバイク販売店に売る。
B雑誌の売買欄に投稿して売る。


一般的にはこんなところでしょうか。

@は簡単ですぐにお金になり面倒なことが無いので大人気ですね。

でも・・・ちょっと待って下さい。売れる金額が倍も違ってもすぐにお金になる方を選びますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

電話やネットでの査定額が高くても実際にバイクを見てもらうと、あれこれ欠点を指摘され最初の査定額を大きく下回ることが多いようです。

買い取り業者は買い取ったバイクを右から左に業者間オークションや輸出にまわしています。

買い取り業者の査定員は客のバイクを1円でも安く仕入れることが仕事です。

客には値が付かないからとタダ同然でで引き取ったバイクが堂々と10万20万の値で売れることはざらにあります。

あなたからの買い取り価格<<業者間オークション価格<<末端販売価格

あなたはそれでも買い取り業者に売りますか?


Aの身近な人や知り合い、馴染みのバイク屋に売るのも良い方法ですね。


でも、マニアックなバイクや旧車になると相場があって無い世界なので、欲しい人が 身近では探せずに買取りを断られたり二束三文の買取価格になったりしがちです。

販売店も店で売れないものは仕入れたがらず結局は業者間オークションに流すことになります。

Bの雑誌に掲載してもらう方法は、一昔前はこれしかありませんでしたが気が遠くなる時間がかかりますよね。

最近ではヤフーなどのネットオークションに自分で出品するか友達に代理出品を頼む人が増えています。

これは良い方法です。

ヤフーオークションの出品者用のIDを既に取得してる方や友達がID所有者なら話は簡単ですね。

こんな売却方法を取る人がどんどんふえてきています。

広い世の中で人気の無いバイクや古いバイク、マニアックなバイクを探してる人は必ずいます。

管理人の経験でもインターネットでは99%は必ず買い手が現れると断言できます。

あなたのバイクを一番高く買ってくれるのは一般の消費者です。

個人参加者が中心のネットオークションは売り手にとって最良の市場です。

インターネットオークションの中でも日本最大のヤフーオークションは個人がクルマやバイクを売るには一番有利な市場です。


しかし買うときと違い、売るとなると登録抹消や名義変更などの手続きが煩雑であったり平日に手続きする必要があったり大変です。


悪気が無くてもバイクの説明が不十分だと落札者と引渡し後にトラブルになったり書類の不備や名義変更の遅延、代金の遅延、発送の遅延など不安が多いのが現実でしょう。


また運送が専用の業者やトラックが必要であったりで売却することは慣れない人にとっては結構たいへんです。


実際にネットオークションに出品するにはIDが必要ですし、正確に説明文を書きポイントを突いた写真を載せる必要があります。

高額商品のためバイクについての質問にも誠実に答えなければなりません。

昔のように買い手が実際にバイクを見て触れて選ぶのであればいいのでしょうが、ネットオークション で東京のバイクを大阪や九州で買うことが普通になった現在ではバイクの説明を限られた文章や写真で やらなければならず、説明のうまい下手が落札価格に大きく跳ね返ってきます。

不十分な説明文や出品方法でみすみす良質なバイクを安く落札となれば落札者はニコニコですが出品者は涙目ですね。

それでは実際に「鉄馬ねっと」の最近のバイクの出品代行の結果を見てみましょう。

バイクは35年ほど前のホンダのビンテージトレールであるエルシノアMT250です。

オーナーは整備士の方で、バイクは旧車だが普段使いのできる非常に程度の良い車両で、20万円以上で売却希望でした。

まずオークションの落札実績を提供している「オークネット」のサイトから「鉄馬ねっと」の落札結果を見てみましょう。





1週間の出品でしたが直近の1ヶ月間に出品落札された同型車をはるかに上回る倍以上の30万円の高額で落札されました。

景気の良かった頃ならこれくらいの価格は普通でしたが最近の不景気な市況の中では盛り上がったオークションといえるでしょう。


同じネットオークションなのにどうして他の車両と比べて落札額にここまでの差が生じるのでしょうか?

それはネットで高額な商品、それもバイクを買うという行為は普通の人にとってはリスクの高い損や失敗を覚悟 しなければならない行為だからなのです。
加えて遠隔地から買う可能性が高く輸送費も別途かかります。

裏返して言えばリスクを侵し高額な輸送費用を自己負担してでも欲しいバイクとは

 @よほど気に入った機種で希少性のあるバイク
 A程度が抜群で送料をかけてでも欲しいバイク
 B多少現物に難点があっても値段が格安で十分入手後の補修が採算にあうバイク

以上のような強烈な購入意欲が沸いたときに購入希望者は争って高額入札に走るのです。
そのような良い出品物は多くありませんので皆がセリに殺到するのです。

「鉄馬ねっと」
   @バイクの種類や相場に精通した人間が説明文を書いています。
   A多くの画像や動画を使ってバイクを正確に視覚的に買い手にアピールします。
   Bオークション販売実績があり名義変更や配送や税金など面倒な疑問にお客様に替って回答が可能です。

良いバイクを信頼性のある出品者から買いたいという購入者の気持ちに応えるのが「鉄馬ねっと」です。
「鉄馬ねっと」は落札額の10%(50万円を超える金額部分は5%)です。
ただしオークション会社へ支払う出品手数料(ヤフーは1890円)は出品時に、落札手数料(ヤフーは1890円)は落札後にご負担をお願いします。


それでは実際の「鉄馬ねっと」の出品ページをご覧ください。




最後に「鉄馬ねっと」にバイクを代理出品依頼したAさんと落札したBさんの声を聞いてみましょう。

<Aさん>インターネットは見るだけでオークションの出品者のIDは持っていないんだよね。
「鉄馬ねっと」にバイクを代理出品してもらい直ぐに思ってた価格以上で売れてびっくりしたよ。
手数料を払っても希望以上の手取り金額になったんで満足だね。
今回で3回目の依頼だがまた機会があれば頼みたいね。

<Bさん>エルシノアは青春の思い出のバイクでね、少し前からバイク屋やネットの大手中古バイク情報誌の検索サイトなんかで
探してたが、これという上玉にめぐり合わなかったんだ。
ヤフオクでこれ(エルシノア)を見つけて動画を観たとき、これだって思ってね、友達にこいつを
絶対落札するぞって宣言してたんだよ。(笑)

今日は入金して直ぐにバイクを持ってきてもらい驚いた。動画を見て安心していたが念願のエルシノアを買えて嬉しいよ。

バイクを売ったAさんは少し寂しそうでしたが、予想以上のお金になって満足げでした。
新たにエルシノアのオーナーになったBさんも友達とツーリングに行くぞと張り切っていました。




「鉄馬ねっと」へのよくある質問へはこちらからどうぞ
                 

「ぱどっく(売りたし)」への掲載依頼や利用料金についてはこちらからどうぞ
                 

「ヤフーオークション」への掲載依頼や利用料金についてはこちらからどうぞ
                 

TOPへ


Copyright © 2008-2012 鉄馬ねっと All rights reserved. Google Sitemaps用XML自動生成ツール 商用バナー作成講座